【VEGAS Pro】横向きで撮影したのに縦向きになってしまった動画を回転する方法

スマートフォンで動画を撮影した際によく起こる問題として、動画の向きが間違って記録されることがあります。横向きで撮影したのに縦向きで再生される。もしくは、縦向きで撮影したのに横向きで再生される。これは撮影時のスマートフォンのセンサーの誤認によって発生するもので、特に上下が不安定になる下向きや上向きで撮影した際に発生しやすくなります。こういった撮影の向きが間違って記録された動画は、動画編集の際にも間違ったまま読み込まれてしまします。VEGAS Proで読み込んだ時は素材を正しい向きに回転させて対応します。

■素材の向きの回転
動画素材を読み込みます。【プロジェクトメディア】タブで向きを変更する素材を【右クリック】して、右回転する場合は【90°時計回りに回転】を選択。左回転に設定する場合は【90°反時計回りに回転】を選択。

これで、正しい向きで動画を編集することができます。



■VEGAS 19の新機能と変更点


■VEGAS 19シリーズが9月24日まで発売記念セール中

VEGAS EDIT 19 7,980円(48%OFF)
動画編集ソフト「VEGAS Edit 19」の単体販売。過去バージョン「VEGAS PRO 18 EDIT」まであった「PRO」表記が無くなりました。はじめてのVEGASを低価格で試してみたい方はこちらをチョイス!

VEGAS PRO 19 14,800円(62%OFF)
従来の「VEGAS PRO」シリーズの標準パッケージ。動画編集ソフトの「VEGAS Edit 19」に加えて、今回は新たにライブ配信アプリの「VEGAS Stream」が付属しているのが気になるところ。10月上旬ごろ提供予定でクロマキー合成プラグインの「Boris FX Primatte Studio」が付属。合成を行う人にはこちらも嬉しいポイント。

VEGAS POST 19 39,800円(33%OFF)
動画編集ソフトの「VEGAS PRO 19」パッケージに、モーショングラフィックスソフトの「VEGAS Effects 3」と画像合成ソフトの「VEGAS Image 3」がセットになったパッケージ。





VEGAS Proシリーズは、ソースネクストで









 


PAGE TOP