【新発売】VEGAS Pro 19の新機能を触ってみた【使い方】

2021年9月14日(火)に発売された動画編集ソフト「VEGAS PRO 19」の新機能を触ってみましたので、その内容と使い方をご紹介します。個人的な目玉機能は「調整トラック」になります。こちらは「Adobe Premiere Pro」で言うところの「調整レイヤー」に相当するもので、調整トラックに適用したエフェクトの効果を、調整トラックの下にある素材に一括で適用することができる便利な機能です。下にあるどの素材に効果を適用するかの範囲も限定できるので、その点は調整レイヤーよりも優れています。

■VEGAS 19の新機能と変更点

解説内容
・VEGAS Pro 19の概要説明
・自動シーン検出
・SD/HD映像を4Kにアップスケール
・色補正機能の強化
・調整トラックの追加
・HDRカラーのサポート強化&BlackmagicRAW
・MAGIX本家のサブスク限定機能について
・VEGAS Stream
・Boris FX Primatte Studio
・SOUND FORGE Audio Studio 15
・VEGAS Effects 3
・VEGAS Image 3
・VEGAS 19パッケージの選び方


■VEGAS 19シリーズが9月24日まで発売記念セール中
VEGAS EDIT 19 7,980円(48%OFF)
動画編集ソフト「VEGAS Edit 19」の単体販売。過去バージョン「VEGAS PRO 18 EDIT」まであった「PRO」表記が無くなりました。はじめてのVEGASを低価格で試してみたい方はこちらをチョイス!

VEGAS PRO 19 14,800円(62%OFF)
従来の「VEGAS PRO」シリーズの標準パッケージ。動画編集ソフトの「VEGAS Edit 19」に加えて、今回は新たにライブ配信アプリの「VEGAS Stream」が付属しているのが気になるところ。10月上旬ごろ提供予定でクロマキー合成プラグインの「Boris FX Primatte Studio」が付属。合成を行う人にはこちらも嬉しいポイント。

VEGAS POST 19 39,800円(33%OFF)
動画編集ソフトの「VEGAS PRO 19」パッケージに、モーショングラフィックスソフトの「VEGAS Effects 3」と画像合成ソフトの「VEGAS Image 3」がセットになったパッケージ。





VEGAS Proシリーズは、ソースネクストで









 


PAGE TOP