はじめてAdobe After Effectsを実践する前に知っておきたいこと

After Effectsでの作業の工程はざっくり言うと3工程です。

1.何もない空の画面を作る。(コンポジションの作成)
2.アニメーションを作る。(素材を動かす)
3.映像を書き出す。(レンダリング)

まず、工程1(スタート)と工程3(ゴール)を先に知ることでスムーズにAfter Effectsを実践していくことができるようになると思います。

はじめてAdobe After Effectsを実践する前に知っておきたいこと

はじめてAdobe After Effectsを実践する前に知っておきたいことで作ったtest_01

プロジェクトファイルのダウンロード(CS6)

~まとめ~
はじめのうちは新規コンポジションのプリセット:[HDV/HDTV 720 29.97]を使用する。

デュレーションに作成する動画の長さを入力する。5秒の場合は[0:00:05:00]と入力。

アニメーション作成が完了したら、コンポジションをレンダーキューに追加する。
レンダーキューに追加する時は、コンポジションの画面かタイムラインを選択状態にしておく。この画像ではタイムラインがオレンジの線で囲われて選択状態になっている。

出力モジュールのタブからQuickTimeを選択

形式オプションからビデオコーデック[アニメーション]を選択
基本ビデオ設定の品質が100になっていることを確認する

出力先のタブから書き出した動画の保存先を指定

そして最後にレンダリングをクリックで動画が作成される

NEXT>>
[実践1]After Effects基本アニメーション:位置とスケール 

PAGE TOP